戦略コンサルによる転職ブログ

旧シャイニング丸の内日報、コンサル転職・成長意欲が高い方向けの転職情報



独立し年収1500万円!StockSunメンバー渡邉 キリ子さんが語るフリーランスのありかた

ツイッターではブログの更新情報のみならず経営・コンサルに関するコメントを積極発信しています

こんにちは、本メディアで応援している急成長WEBコンサルティング企業StockSunのインタビュー企画第二弾です。前回は株本祐己社長を取材させていただきました。

今回は続きまして、StockSunメンバーでディレクターとして活躍する渡邉 キリ子さんにインタビューをさせていただきました。今回の記事にもStockSunへの応募フォームを頂いておりますので、記事を読んでStockSunについての理解を深め是非応募してみてください。

 

面白かったポイント

 

 

それでは中身を見ていきましょう!

 

f:id:shiningmaru:20190219203236j:plain

キリ子さん

独立を志望しWEB業界へ

--今までの簡単な経歴からお伺いできますでしょうか?

 

大学は早稲田でしたが就職留年して5年間いました。普通に4年目の時も就職活動をしていて、その時はブライダルの会社に行こうと思っていたのですが、辞めて就職留年という道を選びました。考え直して翌年オプトに入り最初の1年半は運用型広告にひたすら入稿と運用するような仕事を1年半ぐらいやっていました。

その後、営業を経験し、最後の一年間比較サイトを作っていました。それを一から立ち上げてマネタイズに向けて動くという新設の部署に配属されました。

広告代理業以外のことも知る契機となり、視野も広がってきてこのタイミングだったら独立出来そうだと考え2018年9月に退社し、独立しました。

 

--元々独立思考があったのですか?

 

そうですね。もう高校生ぐらいの時から決めていました。

 

--親が自営業だったのですか?

 

そうですね。祖父が経営者で、父も母も美術の教師で、個人でも個展とか展覧会とかを開催していて、一般的なサラリーマンというのが想像出来ませんでした。そういった家庭環境も理由かと思います。

 

--ブライダルへの入社を辞めてWeb業界へは何故行ったのですか?

 

これ恥ずかしいんですけど、就職活動が当時とても面倒で、割と選考が早い業界がサービス業だったんですよ。ホテルとかブライダルとか私ずっと学生の時ZARAでアルバイトをしていたので、接客業の会社とかの面接受けが良かったんですよね。

それで1番早く内定でたからまぁいいっかみたいな笑。あまり何も考えていなかったです。

そこから再度考え直し、やりたいこととかいっぱいありすぎて絞れなかったから1番絞らなくて済み、転勤がなく、独立しやすそうということでWEB業界を選びました。

それがWEB業界、オプトへ入社した経緯です。

独立後、記事でStockSunを知り参画 

--独立後、StockSunへ参画した理由を教えてください

 

Twitterをやっていいた時に、伊藤のの子さん(StockSunメンバー、felice編集長)がの記事をシェアしていてそれをたまたま見たんですよ。

 

--社員全員フリーランス1500万円の記事ですか?

 

そうだと思います。それを見てこういう生き方があるんだなと感じ、参画条件を見たら十分に満たしていたので特に躊躇せず応募しました。学歴、WEBスキル、ディレクション、コミュニケーション能力というような条件でしたね。

StockSunでの仕事内容

--最初に参画した時の業務内容はどのようなものでしたか?

 

福田さん(アフィリエイトサイトを6.2億円で売却した方)が新規事業に資本投下しているタイミングでその時にEC事業をやりたいというオーダーがありました。そしてそれを紹介していただいて、その仕事を今でも続けています。 

--株本さん、金持っている経営者層へのネットワーク強いですよね。どのように拡大しているのでしょう。

 

良い評判が人を呼んでいますよね。WEB業界は良い仕事をしていれば評判が広がり、人が人を呼んでくることが多いです。結構仕事は止めどなく来るんですよ。

株本さんは自身も新卒ベンチャーで、ベンチャーの社長同士のネットワークで拡大しているのだと思います。社長同士て繋がっていますから。いくつかの仕事をしてその評判がかなりよかった結果として広がってきたというのがStockSunの今ですね。

フリーランスとして活躍するにはセルフブランディングが重要

--キリコさんのところにも直接仕事依頼くるのですか

 

よく来ますね。1番多いのは化粧品・美容系のWeb販売のプロモーションやPRの仕事依頼が多いです。

元々オプトの時も広告運用と営業と新規事業立ち上げの3軸でやっていたんですけど、全部美容業界なんですよ。Twitterでの発信も美容関係に特化しており、WEBと美容両方が分かる人が少ないのでそれで依頼が来ます。

 

--主にtwitterですか?

 

そうですね。企業の割と上層部の方対象にFacebookにも定期的に投稿しています。

Twitterは一般層向けの内容が多いですね。フォロワーが4,000人ぐらいおり、フォロワー数も美容に対する知見の深さを一定程度証明しているのではないかと思います。

 

--やはり独立するとブランディングは重要ですね

 

そうですね。出来ていない人だと規模が小さくなってしまいます。

StockSun参画後、収入が爆増し月収130万円に! 

--働き方は昔のオプトの時とかとは全然違う感じですか?

 

結局とても働いています笑。

ただ、働いているんですけど気持ちが違います。オプトの時は土日休みなので明確に休みって出来たんですけど、今は24/7という感覚です。これは悪いことではなくて、自分で決定権が100%あるというのはすごく私にとっては良い精神状態です。働く時間はなんだかんだ多分長いんですけど、楽しいと思えます。

 

--独立して働くのが嫌いで労働時間長いから辛いですとか言っていたら辛いですよね。

 

そう思います本当に。働いている時間は今の方が増えているかもしれません。ただ自分で休みも決められるから木曜日の午前中はちょっと休憩しようということは出来ますね。

 

--収入も大きく増えたと伺いました、今130万/月ぐらいでしたっけ?

 

それぐらいです。ばらつきはありますけど、年間1,500ぐらいですね。

 

--オプト時代からすると格段に上がっているんですか?

 

はい。オプト時代は手取りで25ぐらいでした。

 

--なるほど。手取り25か。今と全然違いますね。

 

全然違いますね。でもすごく良い会社でした。本当に心から思ってます。

 

--フリーランスになるとあと税金のメリット結構大きいですよね。実質の手取りって全然違うので。

 

そうですね。結局税金は払っているんですけど、感覚が違うというか。会社から引かれるよりも自分で払っている方が実質増えるというか。

 

--そうですね。経費で節税していますか?

 

とてもしています。

 

-- 例えばどんなやつ使っていますか?

 

ここは省略させていただきます!フリーランスになるとどのように手取りが増えるのかは直接聞きましょう!

仕事が好きじゃないとフリーランスは務まらない

--フリーランスで活躍出来る人の条件って先ほどのセルフランニングができること、他は仕事が好きな人多いですかね?

 

そうだと思います。じゃないと続かないのかなと思います。

 

--嫌々やっていてフリーランスで、仕事から解放されたくて成功した人ってあんまり結局いないですよね。

 

聞いたことないです。

 

 

そう!仕事が嫌だ、会社に行きたくない、人と話したくないからフリーランスという人は成功しません!

 

--株本さんも仕事好きですよね。

 

好きですよ、本当に。2人で食事も行くんですけど、ほとんど仕事の話ですね。

コミュニケーション能力と客観性がフリーランスには必要 

 --他に今のところセルフブランディングができるとか仕事をなんだかんだ楽しめるとか他はどんなところがありますか?

 

月並みですけど、コミュニケーション能力かと思っています。それと客観性。今どれくらいのスキルがあって、この仕事をこなせるかどうかという客観性とコミュニケーション能力かなと思いますね。

結局一人でいずれにしても仕事は出来ないじゃないですか。フリーランスでチームを組んでいくと人に向き合うんですよ。これは会社員時代とあまり変わらないと思うんですよね。一人で仕事が出来ないからこそ営業をやってくれる人とのコミュニケーションだったり、営業が出来る人はクライアントとのコミュニケーションだったりというのは絶対に求められるからフリーランスになったからといってコミュニケーションを取らなくてもよいわけではありません。

一人でやるというスタイルはある程度はいけると思うんですが、中々スケールしにくいのではないかと私は思います。

 

--明確に定義され、切り出された仕事しかできなくなってしまいますよね。

 

そうだと思います。作業屋さんみたいになっちゃうんじゃないかと思います。

 

--クライアントのニーズとかを敏感に感じ取って顧客が満足するアウトプットに変える力ってフリーランスだとより重要だなと思います。

 

そうですね。あと向き合っているのが会社員時代と違うのが、経営者の方がほとんどなので話を聞き出す力とか今の社長経営者の方の会社の財務状況みたいなのも、私そんな細かく見れないんですけど、感じ取る力は少なからず必要だなと思っています。今自分がやっている事業でお金をもらっているからOKだとちょっと短期になってしまうかなと思います。

他でやっている事業の売り上げ状況とか、赤字か黒字かによってこっちにもヒットしてくるということを瞬時に感じ取る力とかはやっぱりあった方がいいのかなと思います。

StockSunではナレッジの共有にも力を入れる

--ありがとうございます。次にStockSunに参画して良かったところはありますか?仕事が取れるということは勿論ですが、他にどんな点があるのでしょうか?

 

1番は横の繋がりです。同じような立場の Web ディレクションしていて月に100、200万円ぐらい売り上げが立っている人達と会う機会があることがいいんですね。一人でやっていると新しい知識を頑張ってインプットしないと入ってこないんですけど、同じような人が他にも横にいるとこの人こういうやり方をやっているんだ、とかすごく勉強になるのがありがたいなという風に思っています。そこがひとつ良かったところですかね。

 

--これは株本さんも横のつながりを強めたいと確かおっしゃっていましたね。

 

一応チャットワークでグループがあります。これをどうやってやったのかみたいな何でも質問チャットみたいなものがあるんですけど、もう少し活用できればいいかなと思います。

 

--今後の仕事方針のところでキリコさんとして今のやり方を続けていくのか、はたまた自分でメディア立ち上げかどういう方向に行くなどはいかがでしょうか

 

今後受託業はある一定のラインまでいったら、引き継げる人を探してそこで回していきたいと思っています。自分自身はあんまりメディアをやるというな予定はないんですけど、自社サービス作ったりという方にシフトを1年後か2年後ぐらいの間にできたらいいなっと思ってはいますね。

 

--やはり美容系でしょうか?

 

そうですね。得意な分野で。ただ、まだ引き出しも増やしていきたいし、自由にいろんなことを幅広く見たいという意味合いで受託はまだ続けようかなと思います。

 

--受託は結構勉強になりますよね。

 

受託になったら頭打ちみたいなことを辞める前に何回か他人に言われていましたが、実際自分が今やってみたら全然成長する機会とか勉強する機会ってとてもあることに気付きました。やったことのない人に何言われてもめげない心がすごく大事だなと思いました笑。

 

--ありがとうございました!

 

渡邉キリ子さんアカウント→

キリ子 (@kiriko1231) | Twitter

StockSunへの特別応募フォーム

さて、いかがでしたでしょうか。キリコさんのようになってみたい!という方は是非以下のフォームから応募して下さい!このフォームもいつまでもあるわけではありませんので、ピンと来たときがチャンスです。