シャイニング丸の内日報

成長意欲が高い若手社会人・学生のためのキャリアメディア

キャリアアップは実は少ない?外資をクビ・辞めたになった人はどこへ行くのか

外資系の印象としては激務、高給など共にUp or Out(昇進できなければクビ)という印象があるのではないでしょうか。

事実として平均在籍期間は同業種の日系企業と比較しかなり短く金融・コンサル系ではおおよそ3-4年です。中途だけに絞るとさらに短いでしょう。

今回は辞めた人・クビになった人は結局どうなったのかを考えてみましょう。

実はクビになるケースは多くない

クビやUp or Outのイメージが強い外資系ですが、実は退職者のうちクビになるケースというのは多数派ではありません。多くの人は自主退職です。

自主退職には2つの方向があります。1つは身につけたトラックレコード(経歴・実績)やスキルを武器にしたキャリアアップの転職や起業。

もう1つは今の職場は続けられないと自分で悟り退職する、どちらかというとネガティブな転職です。ちなみにネガティブな理由で退職した起業というのも実は結構あります。

出世してやりたいことが溢れ出て起業というのがよくイメージされる起業かと思いますが実はその限りではありません。

さて、元の話に戻ると映画に出てくるような突然上司に呼び出されてクビになり荷物はダンボールで後に郵送され翌日からはカードキーが無効になるという退職者は大暴落時くらいしか発生していません。

大半は自分で「もうここでやってても出世しなさそうだし、辛いだけだ」と考えて自分から出ていきます。

何故出世で差が付くのか

よく想像されるのはスキルが足りないということですが、実は出世は会社の状態や所属が与える影響が大きいです。

「なんでこの人がマネージャー?」と言われる人はコンサル時代も多かったですが、彼がマネージャーだった理由はアホでも所属が良かったことに起因します。

プロジェクト数は伸びているがそれを専門にやっていた人が少なすぎてマネージャーにせざるを得ない状況でした。

これはやや極端ですが、成長しているセクターで経験を積んでいれば普通の能力でも無難にこなすことが出来れば出世していきます。

パートナーもマネージャーも人格に対して与えられるものではなく会社として必要な機能だからですね。

パートナーは営業、マネージャーはプロマネ、両方いないと会社として機会損失となるわけです。

グローバルに統一された評価基準がどうの、よりも収益を得るほうが会社として重要です。何より明確に数字が出る営業職でもない限り人の評価というのは究極わかりません。

こういった理由からか、入社時点では誰が結果的に出世するかというのは本当に分からないものです。

辞めた人はどこへ行くのか

若手で退職する事例と40歳以降で退職する事例は別なので、分けて考えましょう。

まず若手の退職から考えます。

若手は起業、スタートアップ、日系ゆるキャリ、外資事業会社、ファンドの5つ

ややMECE感が薄い分類はご容赦下さい、資本系列よりもキャリアとして分類してます。

分類としては起業、スタートアップ参画、日系、外資事業会社、ファンドの4カテゴリです。

ラフな割合としては、コンサル出身の場合以下のようなものです。

起業:10%

スタートアップ参画:20%

日系事業会社:30%

外資系事業会社:35%

ファンド:5%

成功例多数、起業というキャリア 

起業は近年特に多いですね。起業についてはノウハウがかなり出回っており、資金調達環境も良いというものが背景ではないでしょうか。

実際に外資コンサル・金融を退職して在籍しているよりも大きく儲ける手段としては起業くらいしかないでしょう。

起業して生存率は5年で10%...というような一般的な統計は超エリート、選ばれし0.1%である外資コンサル、金融の皆さんには当てはまりません。

周囲を見てみると起業の結果として

・社員数数十名規模まで5年以内で成長する大成功は10%

・大成功しないものの、そこそこ上手くやっている60%

・消息不明30%

この程度の割合です。

 期待値を考えるとかなり良いのではないでしょうか。

「そこそこ上手くやっている」は人によってまちまちですが、年収800-1,500万円程度で数名でなんとか食っていける人らのことです。

何をしているのか分からず姿を消す人も少なからずいるのは事実です。

どこに行ったのでしょうね。

 やや中途半端なスタートアップ参画

小さな会社に参画する例もかなり多いです。

大学や会社の同期、偶然知り合った知人の会社に参画する場合が多いですね。

会社を起業して成功し、数十億得ることが出来るのはほとんどの場合、社長だけです。

No2やNo3は数パーセントしか株式を持っていないケースが多く、例えば上場し、時価総額を100億まで成長という大大大成功例でも数億しか入りません。

そしてそこまで成功するケースは極めて稀です。

圧倒的多数のケースは年収500-800万円で株式売却によって多額な資金を手にすることはなく終わります。

ただし、数ある仕事の中でスタートアップの1桁という職場は大変魅力的なものです。

大企業と比較すると自分がやりたいことを制約されることなく、サービスの成長を追求出来るというのは大きな魅力でしょう。

日系事業会社でゆるキャリ

もう長時間労働やUp or Outは勘弁して欲しいという人が流れるのが日系事業会社です。

もう怯える必要はありません。

年収はダウンするケースが多いですが、長期的に安心して働けます。

年収800-1,000程度で転職し、ゆるゆる上がっていきます。

一度日系に流れた人が挑戦的なキャリアにカムバックするケースは稀です。

そもそもそういったキャリアを捨てるために日系に流れていますからね。

多数派、外資系事業会社

年収をあまり落としたくないし、日系のカルチャーにははまらなさそうだけどもう超長時間労働は嫌だという人が流れるのが外資系事業会社です。

IT、製薬などですが、近年はgoogleやsalesforceなどのITに流れる場合がかなり増えています。

待遇や福利厚生もよくコンサルや金融と比較すると労働時間はかなり少ないです。

8時まで働いたらかなり働いているほう、と語る人も多くコンサルの人からは信じられません。

コンサルや金融ほど競争環境は激しくありませんが適度に競争があり、じわじわ出世を目指すキャリアになります。

一度事業会社でビジネスの視点を養った人が起業する場合も多いですね。

最近は少ないファンドへの転職

数としては多くありませんがファンドへの転職もあります。

最近目立つのはPE(プライベートエクイティファンド)よりもVC(ベンチャーキャピタル)ですね。

*正確にはVCもPEの一種です

PEの場合はコンサルよりも労働時間はかなり少なく、キャリーというボーナスにより調子がいいと億を貰えるケースもあります。

外資系のファンドであれば投資銀行並の待遇が期待出来るので経営にも実際に参画し、金も欲しい人が行きます。

ただし最近はシニアのポジションが詰まっていて出世出来ないケースがかなり増えています。

出世しないことに不満を抱いたアソシエイトの皆さんは起業やスタートアップの世界に流る場合が多いですね。ある程度シニアになると自分のファンドを立ち上げる場合もあります。

45歳以降のシニアキャリア

外資系は相当シニアなポジションに上がれない限り実質的には45歳以降のキャリアパスが存在しません。必然的に退職することとなります。

一番幸福度が高いと言われているのは日系の同業種です。

やや年収はダウンするものの似たような仕事をしながら60歳まで安心して働けるので戦場のようなキャリアから降りてゆっくりする場としては最適です。

他に独立・起業というキャリアもあり実はかなり多いです。

ただし「起業」として思い浮かべるような独自のビジネスモデルがあり、急成長を狙うような起業ではありません。

例えば株式のアナリストが独立して企業に対して個人コンサルを行うといった地味な起業になります。独立と表現したほうが正しいかも知れません。

もう1つはヘッドハンターや保険のセールスのような成果報酬型のキャリアに行く道。

これは成果はピンキリですが年収2,000万円を超えるのはかなり難しいです。

セールスという仕事をしたことがない人がセールスというキャリアに突然行くことであまりうまくいかないケースも多いです。

日系の企業は大丈夫なのか

日系をキャリアのオアシスのように書きましたが年功序列では必然的に仕事で最大限努力する人は減ります。

そもそも外資から移る場合も仕事を頑張りたいというよりゆっくりしたいというマインドで移りそういった人が増加します。

外資系から移った人にとっては役に立たないオジサンが多く溜まっている風通しの悪い職場に見えることでしょう。

意外と悩ましい外資系のキャリア

さて、いかがでしょうか。

若い間から外資系でバリバリ活躍して...というキャリアは意外と長期的には悩ましい印象を受けるのではないでしょうか。

最大多数派は外資系の中で転職を繰り返してピーク年収2,000万円程度まで到達しゆるやかにキャリアを下げていくという場合が多いかと思います。

最初に新卒で入ったコンサルや金融から転職を繰り返して上がり続ける人は実は稀で1,200万円-1,800万円の間をうろうろしている人が多いです。

こういった環境の中ではヘッドハンターと常に情報交換をし、転職チャンスを伺う姿勢が欠かせません。

よいヘッドハンターと出会うにはBIZREACH(ビズリーチ)のようなプラットフォームを活用することをおすすめします。

BIZREACH(ビズリーチ)は高年収に絞った転職プラットフォームで、自分のプロフィールと希望を登録しておけばヘッドハンターがスカウトを送ってくれます。

興味をひかれる求人があった場合、すぐに転職を考えてなくてもヘッドハンターと会い情報交換を継続するとよいでしょう