シャイニング丸の内日報

成長意欲が高い若手社会人・学生のためのキャリアメディア

広告から自由に生きよう

こんにちは、シャイニング丸の内です。

久々のブログ更新です。

広告や社会的あるべき像に惑わされる回数が極端に減った

最近、独立し基盤も安定してきており以前よりも一つの生物としての自信が増したと思います。自信がないときというのは

広告やSNS投稿によって「この商品を買えばハッピーになれる!(高級品、サービス・・・)」という言葉に惑わされものを買ってしまっていたり、

「私の年齢で今の属性ならこうするべき!」という社会的なあるべき姿に惑わされる機会が多かったです。

特に10代の頃なんて自分の方針に自信はないので、「いい感じの高校生とはこう!」という像を追求するだけの生活であったと記憶しています。

勉強、スポーツ、交友関係など何1つ自分で判断することは出来ていませんでした。

自信とは何か

成功していると自分で思えるようになるには段階があります。

まず第一段階として自分の基準を持てること。

お仕着せではない基準を持つ

この自分の、という部分が重要だと思っており金!偏差値!順位!というものは強烈に信じることが出来ているならよいのですが実際のところ社会から押し付けられているものが多いのではないでしょうか。

実際に金がそれなりにあったところで自分の生活変化度が飽和するのを感じると金が自分が追求すべき成功指標というのはおそらく間違っていると気付くかと思います。

何より世界には大金持ちで精力的に動いている人が多く居ますよね。

彼らを突き動かしているのは資産増加というエンジンでないことは凡人である我々にも推定出来ます。

私自信も大したことないですが、資産増加にあまりモチベーションはありません。

ここで気づきとして重要なのが俗に言われている社会的成功よりも一段掘り下げた「自分のエンジン」を発見することです。

このエンジン、モチベーションが我々に活力を与えてくれます。

「成功」する

さて、成功が定義出来たら後は成功するだけです。成功とは静的なスナップショットでみた姿ではなく、状態というイメージが私の中では強いです。

自分のエンジンがフルに可動し、一定のコントロール下目標に向かっている状態、これが自分にとっての成功です。

書き出してみると

・目標がある

・一定のコントロールを持っている

・目標に向かっている

このセットが私の場合は成功、自分がありたい状態です。

広告がどうでも良くなってくる

さて、その状態に対して表示される広告は何を語るでしょうか?

「この高級レストラン、〇〇産のうにとキャビアをふんだんに使い・・・」

「このサービスを使えば友達がたくさん・・・」

「新たな出会いが・・・」

「忘れられない体験・・・」

うむ、私とは関係ない、という印象。

新たな食材の発見はおもしろいけど、以前食べたものと似たような食材を食べ似たような刺激を得ても意味を感じないし、友達も多く必要なければ、自分の目標に関係ない出会いはいらないし、忘れられない体験も私には必要ない。

広告、映画、ドラマが集まって「あるべき像」を押し付ける

露骨な広告だけでなく映画やドラマが描く像で「あるべき像」が多く発信されるとそれが世代や属性別「あるべき像」になってあるべき行動を押し付けてきます。

これらに惑わされる機会も減りましたね。

広告、SNS投稿以外で意思決定をしよう

最近した自分の新たな行動や購買を振り返ってみてはいかがでしょうか。

その中で広告、SNS投稿によって行動喚起されたもの、自分が考えた結論として行き着いたものを分類してみるといかに自分の行動がメディアによってコントロールされているか見えてくるかと思います。

現在私が取っている方針としては購買や行動は目標から考えて必要なものに寄せるように意識しています。

現在の広告業界(google,facebook,instagram含む)には高度な頭脳を持った人材が結集しており彼らの媒体の価値を上げるために広告の影響度をあげようと日々努力しています。

これに対抗しない場合は我々の意思決定というのはgoogle,facebookにコントロールされるものになるのは明らかです。

今後広告がさらに発展するにつれて自分の基準を持たない人は現在以上に漂流しメディアや広告が言う通り金を使うだけの媒介者になってしまうかと思います。

自分の意思で自分を動かす

昔は自信も経験もないので、広告のメッセージ(金を消費すれば幸せになれる!)を信じて進むしかなかったわけですが今では自分の基準を持って判断することで生活の洗練度が上がったと感じています。

会社からの給与を得て、得た金を自分の基準がなく広告やSNSのオシャレ投稿に惑わされ行動を意思決定する状態からの脱却に向けては

・自分の行動基準明確化

・そのための自信獲得

というプロセスが有効だなと思いました。

久々に仕事が落ち着いたので雑記記事でした。

おまけ:SNS投稿について

近年、バナーを貼り付けるだけの広告効果が極端に低下し、どの企業でもネイティブアド、記事広告、ユーザー風な人物にSNSへ商品を投稿させるために躍起になっています。

そちらのほうがユーザーの行動を駆り立てることが明らかになったからですね。

SNS投稿の「これ本当におすすめ・・・(商品)」という投稿にアフィリエイトがなくともあろうとも、それは広告活動の一貫であると考えて見てみるとよいかと思います。