読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニング丸の内日報

転職や仕事術、仕事へのスタンス

総合商社から、超少人数商社へ転職したISHICOさんが語る総合商社から始まるキャリア(前編)

こんにちは、編集人J(コンサル)です。このメディアはアッパーミドルの方々のために高品質な記事の持続的な配信を目指す中で様々な方へのインタビューを通じ、キャリアを考えるという記事をコンテンツの1つとして発信していこうと思います。

まず第一弾は元総合商社、現超少人数商社へ最近転職されたISHICO(@ishico86)さん。ラムチョップを食べながらキャリアや結婚について話あってきました。

そもそも何故商社へ?

ISHICO「最初はコンビニ経営に興味を持ったんですよね。日本のコンビニと海外のコンビニと比較すると日本のコンビニは公共料金の支払いを始め様々なサービスを展開しておりライフスタイルに浸透していますよね。海外のコンビニの場合はまだ単なる小売店というレベルにとどまっており、大きなギャップを感じました。そこで日本のコンビニのノウハウを海外に展開することが出来れば大きな可能性があるのではと感じていました。

コンビニ経営と言えば三菱商事がローソン、伊藤忠ファミリーマートを保有し経営に関与するチャンスがあります。そこでそのいずれかに入社しようと思ったのがきっかけです。」

総合商社では食品関連トレーディングへ、海外勤務も経験

ISHICO「配属については面接でひたすらコンビニの話をしていたかいあってか、コンビニ経営に携われる部署に配属になることが出来ました。ただ後ほど詳しく話ますが、やりたいことに中途半端にこだわっている人は配属リスクの大きな総合商社は適していないと思います。本当に情熱があって強いこだわりがあり、他の人を納得させられるくらいのものを持っているか、配属は運命だと思ってどこでも受け入れられるかのいずれかという姿勢でないと後悔するかもしれません

同期でひたすらスニーカーの話をしつづけていて、スニーカーが好きすぎるという人間はスニーカーに関わる部署に実際に配属になることが出来ましたがそのくらいの蒸熱がないと配属をコントロールするのは難しいと言えます。

商社では食品関連のトレーディングに主に携わっていました。簡単に説明すると海外の展示会などへ出向き日本で販売できそうなブランドと販売権益獲得の交渉を行い契約。そこから先はどこで販売するかという販売戦略の構築、流通先の確保、貿易実務とまさに川上から川下まで全てに広く携わりました。

ここでは資源のように数十年単位というような投資案件ではなく、数年のサイクルでブランドの発掘から販売までを少人数で実行出来たため、商売の全ての商流に浅いながらも広く携われたことは非常によい経験だったと思います。」

総合商社の競争力とは?

J「商社についての知識が浅くて申し訳ないのですが、要は日本における販売代理業務ということですよね?資源のように大きな資本が必要なビジネスと異なり強い差別化があるように思えないのですがそれでも儲かるとはどのような構造になっているのでしょうか?」

ISHICO「商社は川上から川下まで保有しているのが強みですね。例えば鶏肉を日本で販売したいと考えればKFCを保有している三菱商事がハンドルすれば流通先まで一気に抑える事ができます。コンビニに流通させるような商品を扱う場合はコンビニを保有している商社に話をすると話の通りは早いでしょう。これがトレーディングについて商社が持っている差別化要因と言えますね。

このビジネスの課題といえば今説明した内容を地道にやっていけば収益は上がるのですが川上から川下まで自分でハンドルしているためやや労働集約的になりがちで自分一人があげられる収益に限界があるところですね。それを防ぐために資本参画などの提案はしてきましたが簡単ではありません。

投資について少しコメントしておきますと、商社のM&Aや資本参画はゼロからではなく、従来からのトレーディングの延長で投資することが多いです。とある食品ブランドを買収した案件は長らくトレーディング業務を行っていてその権益を守るための買収でした。

トレーディングだけやっているとブランドオーナーの方が立場が上となるため儲かりだしたら自分で流通までやってしまったりするんですよね。それを防いで収益を上げ続けるためには資本参画が必要となってきます。

食品業界は従来、ドメスティックなマーケットであり、外資系の参入障壁が非常に高いです。だからこそ、ある程度グローバルなネットワークを持っている商社を起用することは外国のメーカーにはメリットがあるかと思います。また日本の問屋は歴史的にも非常に内向き(ドメスティック)な体質なので、為替リスクを取るような組織体制にはなっていない事が多いのも商社が介在できる理由かと思います。在庫リスクはすなわち、売れ残り➡︎廃棄となるリスクが高いのが1番怖いですが、その分当然利益率も高くなるので、人件費の高い商社(笑)がトレーディングをやる場合は在庫リスクは取るべきかなと思います。勿論扱う商材にもよると思いますが。

後半に続く

www.shiningmaru.com