読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アカウント分析:ニャース氏に学ぶアルファの作り方

こんにちは、シャイ丸です。私がGWころにツイッターをやり始めたのですが、それより約一カ月ほど後に生成されたアカウントがあります。それがニャース氏です。

847ツイートでフォロワー15,000人のアルファアカウント

 

bioが年収2050万円以上ということで私より高いですね、羨ましいです。世間の上の方から努力しないバカをdisするというプレイスタイルで一貫性を持っており私のように酔っぱらって取り止めのないツイートをしたり、突然短文を差し込んだりせずすべてのツイートがそのプレイスタイルに則してツイートされておりアカウントとしての完成度の高さを見せています。またツイッター界隈の住民とは初期のフォロワーをブーストさせるフェーズを除いて絡まない方針ですね。安易に絡まないことでお高いブランドイメージを維持しています。LVMHが自社のプロダクトを購入できるチャネルを絞るのと同じですかね。

ふぁぼをうまく使って露出量を確保

こういったアルファアカウントは今のツイートを見てもどのようにその位置を獲得したかの秘訣はつかむことは出来ません。ある程度のフォロワー数がついているとRTが付きやすいテーマの勘所はわかってきてトリッキーな施策を実行しなくともフォロワー数増加は順回転に乗ってしまうわけです。注目すべきは初期です。

 

フォロー数は72なので少なすぎるがふぁぼが1200超

アカウントを始めるときはいくら面白いことをつぶやいても見てもらえる量が絶対的に少ないのでまず自分の存在をアピールする必要があるます。その方法は限定されており

・ふぁぼを付けて反応を狙う

・フォローして反応を狙う

・他チャネル(TV、ブログなど):芸能人が多いのはこれがあるから

この3つくらいしかありません。ニャース氏の場合はフォロー数は72と少ないためふぁぼをうまく使っていると考えられます。ちなみにフォローしまくってフォロー解除を大量に行うのはツイッターのルール違反なのでアカウントが凍結されます。その点、ふぁぼはそういった心配は特にないです。ニャース氏はおそらくこのふぁぼに注目し自身のツイート数の1.5倍のふぁぼを付けるという世の中に愛を振りまくアカウントです。では初期を見てみましょう。

最初のふぁぼはなんと2013年

修正:2013年まで遡ってふぁぼをつけたのが最初

 ニャース氏が最初のふぁぼを付けたのはなんと2013年のあさおさんのツイートです(*アカウントは2016年に作成されましたが2013年に遡ってふぁぼをつけたという意味)。かなり年期が入ったアカウントであるため新星というより苦節3年の努力の結果浮かび上がった根性アカウントであることが分かりますね。ちなみにそのあと2年ほどは息をひそめ次のふぁぼは2015年に飛びます。これでもニャース氏が軌道に乗り始める2016年6月まではかなり期間が空きます。そのあとは恋愛系のツイートやこまき氏の地鶏などを中心にふぁぼを続けます。

2016年に作成されたアカウントですが、好きなアカウントを徹底的に過去まで洗うスタイルのようで2015年のふぁぼなども大量についています。

ついに浮上開始!2016年6月

地道なふぁぼや他アルファの引用RTによる辛辣コメントがついに他アルファの目 にとまったか!最初のほうはRTが付くかつかないかという状態でしたが100RTを超えるヒットが生まれそこからは安定的にRT数が増加

精確には初めて2週間ではないが一気に起爆、上から目線の庶民disでガンガンRTを稼ぎます、安定感があるツイートでクソリプは完全にスルーしています。初期のほうは自分に対する賛同ツイートをふぁぼしたり、引用RTでコメント返しはしていましたがもうここまで軌道にのったらそんな面倒なことはする必要はありません。安定して人気の出るツイートで急成長を遂げます。

どこへ向かうのだろうか?

稀に美容健康商材の関するツイートが差し込まれるニャース氏。以前から思っていたのですが他キラキラアカウントがこういったスタイルで商材を差し込むことがあり、普通の女性なら自分の持っているパッケージを映すと思うのだがなぜそうではなく白背景で普通に商業系画像をダウンロードして使うのだろうか・・・広告なら理解できるがこのくらいのPVでは代理店に差し込むのはむつかしいだろうからアルファアカウントいくつかまとめて売らないといけないと思うのだけど商材が被らない。謎は深まります。